インターンシップ

インターンシップ協力企業の募集

EUビジネスマン日本研修プログラム(ETP)は欧州連合による人材育成プログラムで、日本では、早稲田大学がその企画・運営を行っています。日本への進出またはビジネス拡大を目指すEUビジネスパーソンに対し、日本でビジネスをするためのトレーニングを提供するもので、①日本語学習、②日本的経営管理および商慣習に関する講義、③日本企業におけるインターンシップ、の3つによって構成されています。
中でもインターンシップは、それまでに習得した日本語および日本のビジネスに関する知識を活かしながら日本の企業文化や商習慣を体感する貴重な場と位置付けています。
ETPインターンシップにご協力いただける日本企業を広く募集いたします。

【今期のインターンシップ実施期間】2015年8月3日から2015年10月23日

【業務内容】
業務内容に関して特に制限はありませんが、インターンシップ期間中の業務内容や受入にあたっての諸条件や詳細は、研修員本人と受入れ企業・団体との合意により決定していただいています。開始前までに研修員との面接等を通じて決定いただけますようお願いいたします。契約書を交わす場合の様式は問いませんが、雛形もご用意していますので必要な場合はお申し付け下さい。
【費用】
インターンシップは本プログラムの一環として行われているため、受入期間中の労働に対する報酬は発生いたしません。また、インターンシップ期間中の通勤費や食費等についても、基本的には研修員が負担いたします。
但し、費用が発生する業務の実施およびその費用負担(外出時の交通費や出張費等)につきましては、事前に研修員と協議の上決定していただくようお願い致します。
【インターンシップ期間中の言語環境】
インターンシップの主要な目的の一つは、それまでに習得した日本語を日本のビジネス環境の中で実際に使い、更に磨きをかけることです。殆どの研修員が入門レベルから日本語学習を始めているため、実際の業務の中で使える日本語は限られていますが、日常の会話等を含め可能な限り日本語でコミュニケーションをとっていただくよう心掛けていただければ幸いです。
【その他】
詳細は、早稲田大学ETP事務局宛(etp@list.waseda.jp)にお問い合わせください。