ETPの概要と魅力

ETPの概要

EUビジネスマン日本研修プログラム(ETP)は、日本市場への進出または事業拡大を目指すEU企業のビジネスパーソンに対して、日本でビジネスを行うためのトレーニングを提供する人材育成プログラムです。1979年に欧州委員会が日本経団連の協力を得て開始して以来、日欧間の関係構築および貿易投資促進に貢献しています。また、これまでに参加した研修員は延べ1000名以上に及び、現在多数のETP修了者が日本及び世界中でEU企業の指導的地位において活躍しています。

早稲田大学では、欧州委員会の委託を受けて、ETP25期(2006-2007年)より本プログラムの日本モジュールの企画および運営を行っています。ETP30期プログラムは、2014年11月に開始し、ロンドン大学東洋アフリカ学院(SOAS)による欧州での研修期間(3週間)と2015年1月から11月までの早稲田大学による日本での研修期間(11カ月)で構成されています。

ETP30期の研修日程表
日程
Date
場所
Location
プログラム内容
Programme Details
2014年11月 ロンドン大学
東洋アフリカ学院(英国)
日本の歴史、ビジネス、文化、近代社会の紹介
2015年1月 – 7月 早稲田大学(日本) 日本語の学習・ビジネス講義
2015年8月 – 10月 各企業(日本) 日本企業でのインターンシップ
2015年10月 – 11月 早稲田大学(日本) 日本語によるビジネスプレゼンテーション、ビジネスプランの提出、最終試験、修了式典

早稲田大学でのプログラムについて

ETP研修員は、ヨーロッパで日本に関する全般的な知識を得た後、日本において早稲田大学の企画、運営によるプログラムに参加します。日本語教育は日本語教育研究センターが担当し、ビジネスに直結する実践的な日本語教育を提供します。またビジネス教育は、大学院商学研究科、ビジネススクールを中心に他大学からも広く講師陣を集め、グローバルなビジネス理論と日本的経営管理、商習慣等に関する専門的な教育を提供します。最後の3か月は、それまでに得た語学やビジネスの知識を活かしながら日本企業においてインターンシップを行います。

プログラム修了時には、ビジネスにおいてコミュニケーションを取れるレベルの日本語能力、および日本企業と日本の消費者を対象としたビジネスを展開するための様々な知識を身につけ、日本でビジネスを成功させるための明確なビジネスプランを構築出来ることを狙いとしています。